Dynabook tx 65ハードディスク交換後WindowsUpdateができない

生徒さんのノートブック東芝dynabook tx 65のハードディスクが壊れそうだということで、東芝サポートに電話すると、少なくとも3万4,000以上かかるとのこと。
部品代1万6,000円
技術料1万2,600 円
作業料5,250円
計3万4,000円
別途検査料4,200円(修理しないで検査のみの場合)
最低でこれだけかかるとのこと。
それでは安くあげる為に価格コムで検索して東芝製の1テラバイトのにて2.5インチハードディスクを購入。

価格は約6,000円。
データをバックアップしてリカバリディスクを作成。
ハードディスクを交換。そしていよいよリカバリーしてをパソコンを立ち上げました。
なんとかうごいて動いてくれそう。
と思いきやWindowsUpdateでトラブル。
なんと全くWindowsUpdateができません。

20121019-130202.jpg

そこで東芝のサポートに電話しました。
ところがこのあと何回か電話する羽目になるのですが、最初のサポートに現れた女性全くの素人に等しい方でした。
保証外のハードディスクを交換された場合回答しかねます。の一点張り。
もし直したければ修理に出してください費用はかかります。とのこと。
チップセットとの相性が悪いとかいう問題じゃないんですかと聞いたところ全く関係のない返事。
それではとweb上をさまざま探していろいろやってみるがやはりだめ。
そこで2回目に東芝に電話したところ今度は男性が出て結局リモートで操作してみてくれることになりました。
ところがいろいろやってもダメ。
色々とやってもこちらはwebで探してやったこととほとんど同じことばっかりでした。
そして1時間位した後で。マイクロソフトのヘルプに連絡して聞いて下さいということで投げ投げ出されてしまいました。
それではとマイクロソフトのヘルプメールで問い合わせました。
二度ほどマイクロソフトのヘルプデスクと連絡を取あった所、新しいハードディスクがAFT対応のハードディスクでハードディスクコントローラのドライバがver. 9.6以降が必要だということ。
教えられたインテルのダウンロードサイトへいきでドライバーのダウンロードを行ってみました。
この間東芝へ再度連絡して聞いてみると良いとのことだったので、再度このドライバーについて問い合わせをしました。
ところが返事は東芝の保証外のドライバーなので何が起こっても責任が持てませんとの事でした。
そこでマイクロソフトヘルプからの連絡でインテルに直接問い合わせてみればとの事でしたが、まあ一度ドライバーをインストールしてやれと復元ポイント作成後ドライバをインストールそして再起動。
何とか無事再起動成功!
Windows Updateは?
成功成功半日かけて何とかアップデートも完了しました。
まだいろいろ使っていないので不具合が発生するかもしれませんが、東芝の対応は何なんだ笑!!
これでは東芝も無責任と言われても仕方ないのかな?

20121020-115202.jpg

投稿者: Bob

大阪市西成区玉出にて1998年以来20年間に渡りパソコン教室を運営しています。

コメントを残す