BiND8の深刻なバグ不具合から逃れた経験を書いておこう

スクリーンショット-2015-11-07-7.09.19

デジタルステージ社のBiND8が9月17日に発売され、すぐに購入しました。

発売以来の大幅な改良により、レスポンシブに対応した画期的な製品ということだった。

早速480頁に及ぶショッピングサイトをBiND7から移行してみる。

約一週間かけコツコツと変更を試みる。

ところが9月23日デジタルステージ社からの最初のBiND8の最初のアップデータを適応すると、途端にソフトの動きが遅くなる。

10月8日にVer8.03二つ目のアップデータを適応。

さらに動きが遅くなる。

たまらずデジステのサポートに問い合わせをしてみる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「Bind7 から インポートしてBind8 リスポンシブサイトに変更後、

アップロードに一晩 約12時間経てもページの更新128/482の状態で止まり、朝マウスを動かすと再びゆっくりと更新が始まるという状況。

他に、Bind8自信が操作途中でハングアップして落ちます。

編集中にページ移遷に10分もかかるようでは、仕事になりません。

何とかしてください。

http://www.rocksonline.net/index.html]

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デジステ社からの翌日の回答がこれ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[ご回答]

ご連絡いただきありがとうございます。

お問合せいただいた件につきまして、サイト編集操作や

アップロード操作が非常に重い現象につきましては、サイトデータの

中身(編集内容や容量)やご利用環境など様々な要因が影響します。

恐れ入りますが、一度以下の内容についてご確認いただけますでしょうか。

■サイト容量

BiNDで推奨している1サイトあたりのサイト容量は50MBとなります。

こちらはあくまでも様々なサイト閲覧者様の環境を考慮した上での

推奨値となりますので、実際には100MBを超えたサイトデータを

公開・運用されているユーザー様も多数いらっしゃいますが、

やはり容量の大きいサイトデータの場合はサイト編集やアップロードも

重くなってしまいます。

■カスタムタグパーツ 

該当のサイトページ内に、カスタムタグパーツを使用されている場合は、 

HTMLの記述内容が原因となり、動作が遅くなっている可能性がございます。 

一度、サイトを複製いただいた上、HTMLタグを削除した場合の動作についてご確認ください。 

なお、カスタムタグを組み込むためのHTMLタグやその記述に関しては、 

非常に高度な専門知識を必要とするため、私どもではサポート対象外と 

させて いただいております。 

■動作環境

念のためご利用のPCスペックについてBiND8の動作環境を

満たしているかについてもご確認いただけますでしょうか。

<BiND8 動作環境>

http://www.digitalstage.jp/bind/spec.html#spec

■セキュリティソフト

ご使用パソコンにインストールされているセキュリティソフトについて

BiND8の動作をブロックしていないかどうかご確認いただき、一度セキュリティソフトを

「停止」にした状態での動作についてもご確認ください。

※セキュリティソフトの設定に関しましては、各メーカー様へご確認をお願いいたします。

その他、企業様や団体様環境下でプロキシサーバーをご使用の場合、

「ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない」にチェックを入れて

動作をご確認くださいますようお願いいたします。

《ご参考》

http://www.sanno.ac.jp/univ/obog/seven/proxy.html

ご使用のPCの個別環境による動作の可能性もあり、明確なご回答はできかねますが、

まずは上記内容をご確認くださいますようお願いいたします。

上記内容全てを確認いただいても問題が解消されない場合は、

一度テスト用に新規でサイトを作成いただき、そちらのサイトの

編集操作で同様に処理が重く感じられる現象が起こるか、

ご確認くださいますようお願いいたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

そこで色々試行錯誤して調べてみるが一向に改善の気配が見えない。

そうこうするうちに、スクールの生徒さんからも不具合の問い合わせが複数上がってくる。

デジタルステージ社側では、クラウド版の延期が報じられ何かが起こっている様子がわかる。

これは明らかに製品の不具合だ!!

それにしても頼りにならないデジタルステージ社!!

回答にならない回答を送ってきてからなしのつぶて!

実働しているサイトを抱えて、悪戦苦闘45日!

閃いたのが、最初のVer8.00に戻すこと!

ここで注意しなければならないのが、バックアップ方法の変更。ZIP形式の圧縮フォルダが必要!

戻し終えると、9月17日時点での動きに復活。

なんのことはない、バージョンアップが元凶だったのでした。

それにしても、今回の事件には参りました。

デジタルステージ社の姿勢に疑問が生じもしました。

「タカタのエアーバック」と同じで、社の視線はユーザーには決して向いていなかった。

平野元社長どうお考えでしょうか?

BiNDの初期から愛用している一ユーザの独り言。

BiNDを学ぶBiND教室はこちら

投稿者: Bob

大阪市西成区玉出にて1998年以来20年間に渡りパソコン教室を運営しています。

コメントを残す