エクセル 関数の入れ子 Microsoft Excel 入門

こんにちは校長ボブです(^_^)

今回は「関数の入れ子」です。

例えば、点数の平均を計算して

さらに四捨五入する場合などがそうですね

関数の入れ子

まず平均(AVERAGE)を求めます。

セルD3にAVERAGE関数を記入して平均を計算します。

 

次に、四捨五入(ROUND)関数で小数点第一位の位を四捨五入します。

四捨五入(ROUND)関数は数値(平均値)と桁数(小数点第一位で四捨五入の場合は0)の2か所に記入が必要です。

ここで、数値の(D3)の値は

AVERAGE(A3:C3)と同じことになりますね

そこで、D3とAVERAGE(A3:C3)を入れ替ます。

つまり

平均値を計算した後で

四捨五入をするわけです。

入れ子の計算のキモ

順序を逆にする

ROUND関数を先に入力してから、AVERAGE関数を入力します。

セルE3にROUND関数を入力します。

ROUND関数入力後

左上のボックスからAVERAGE関数を選択します。

ROUND関数の中にAVERAGE関数が入りました。

エクセルを学ぶなら大阪のパソコン教室リボンスクール

投稿者: Bob

大阪市西成区玉出にて1998年以来20年間に渡りパソコン教室を運営しています。

コメントを残す