僕の勉強法 プログラミング

この二三日メディア NHKテレビ で学校で「反転授業」が取り上げられています。「反転授業」といっても何の事はない、今やインターネットの世界では当たり前の存在のビデオ講義の事です。やっと学校の授業の最尖端校で取り組み始めたようです。

プログラミングの世界では

の3つが僕が経験しているサイトです。

まず ドットインストールのビデオ授業で理解して、

次に CODEPREP で復習をします。

さらにcodecademy を挑戦します。

挑戦というのは、最後のサイトは英語のサイトなので、英語力の挑戦でもありますが、

何と言っても自分で自由にコードをうつ必要が有るので、これが良いのです。

プログラミングの世界は、たとえ一文字間違ってもダメです。たとえそれが空白であってもダメです。

if (condition) { console.log (“あいうえお !”) ; } else { }

のような構文で!の前にスペースを忘れたらもうおしまい!

といってもcodecademyでの練習問題の中での解答の話なのですが、これが間違いの原因である事を発見するのに何時間かかった事やら。

そうなんです、プログラミングは自分で書く事が大切なんです。これが大変!

でもやるしかないんです。

 

 

 

}