#1Google Apps Script(GAS)入門

開発者向けサイトを見てみましょう。

https://developers.google.com/apps-script/

chromeの翻訳ツールで「日本語」に翻訳しておきます。

画面上で右クリックして「日本語に翻訳」を選べばOKです。
chromeで翻訳を有効にする方法はこちら

Quotas(割当)を検索するとQuotasページを見ることができます。

GASは小規模開発向きで、様々な制限があり、

  • メールの送信は1日100通まで。
  • スクリプトの実行時間は1回6分まで。

したがって本格的な業務システム開発には向いていません。

GASを利用するにはGoogleアカウントに登録する必要がありますので、前もって登録しておいてください。

こちらのサイトへ行き「新しいスプレッドシートを作成」をクリックします。

「無題のスプレッドシート」の部分を書き換えて名前をつけます。

「MySpreadSheet」に変更します。

次に
「ツール」→「スクリプトエディタ」を選びます。

「MySpreadSheet」に紐づいたスクリプトが立ち上がりますので、
「無題のプロジェクト」を「MyProject」と書き換えます。

カテゴリー: GAS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です