Excel統計分析



HOME | マイクロソフト | Excel統計分析

統計理解度テスト


「集団を対象」
集団の特徴や傾向を明らかにする。
基本統計量を用いて集団の特徴や傾向を調べる方法。
数量データは、大小関係が比較できる数値で測定されたデータ。
カテゴリーデータは文字、数値コードで測定されたデータ。
代表値 → 平均・中央値・最頻値・割合(比率)
散布度 → 標準偏差・変動係数・分散・四分位偏差
数量データの代表値は平均・中央値
カテゴリーデータの代表値は割合(比率)
平均 = 中央値 → 平均
平均 ≠ 中央値 → 1、中央値 2、異常データを除外して「平均」
データのばらつきを計る統計手法
変動係数は標準偏差を平均値で割った値
変動係数は1.0を上回ると、データのバラツキが大きい集団といえる。
データを昇順で並べて、小さいほうから数えて全体のP%に位置する値をパーセンタイルという。小さいほうから数えて全体の25%、75%、50%に位置するパーセンタイルを第1四分位点、第3四分位点、中央値という
分布のゆがみ(峰が左より、右より)を調べる
集団の中で平均やバラツキを考慮して評価した値
データを視覚的に要約するためのグラフ、外れ値を見つけられる